鋳物

image

前回の自動計測で得られたデーターを整理してみると、想像どうりの結果が得られた

揃っている様でも、実際には1.5から2ミリくらいばらつきがある_| ̄|○

前工程でアテを付けて加工した面のバラツキは最大でも0.22だった(アテその箇所ズバリでは無いのでこんなものだろう)のに対し、他の面は大きくばらついていた。

素材自体のばらつきだ。

結論! ぐるりから同時に加工する場合、黒皮からの寸法を指定されても、これ以下の許容差では絶対に無理と言うことだ

測定で正解と言う事でした。 おわり

kuboya

日本のものづくりを支える一員

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください