工作

2019年10月28日 AM10:00

↑  アイリスオオヤマのアルミケース

 

 

ハンディタイプの表面粗さ測定機と言いながらACアダプター、駆動部、ケーブル、本体をそれぞれ持ち歩かなければならない。

勿論、保管もバラバラ。

駆動部は本体に格納出来なくもないが、その様な使い方はしないことが多い。通常はハイトゲージに駆動部を付けて使っている。いちいち本体に駆動部を収納するのは面倒だ

前々から1つのケースに入れて保管しようと考えていた。なので、先日買ったアルミアタッシュケースの小さいやつに纏める事に

柔らかいスポンジでは測定子の針を引っ掛けて壊してしまいそうなので、今回はポリエチレンの積層タイプの緩衝材を使って固定する事に。カッターナイフとヒートガンを使いくり抜き、挟み込む様にして固定、両面テープは使い良いので必須

工作、仕事するより楽しい 🎵

満足出来るものが出来た(^^)v

ミツトヨさん、これくらい標準で作ってくれ給え

よしっ! これで何処へでも持って行って測定出来るぞ! って、行かんけど….

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Previous Post
«
Next Post
»