劣化

image

電源コードがどうしようもなく傷んで危なくなったので、新しい物に取り替えた。小池のガス熔断機の電源ケーブル。

昭和44年製

image

今年で46歳か? はははっ! 私より若いじゃん_| ̄|○

そりゃー、劣化もするわなぁ・・・・電線むき出しになったりしたので補修もしたがゴムも限界。電線コードだけではなく、ガスホースもヒビだらけ。
こちらも取り替えなくては・・・

メーカさんに頼むか自分でやるか? ??? どうしたものかなぁ?

1メートルほどのガスホース手配するのも面倒な・・・・

メーカー調べてみたら小池酸素、現存する。

さらに調べるとIK-54というモデル。有った!

現モデルは IK-54号D型

ゴムホースごときでメーカーさんに頼むのもなぁ…昭和44年製だと言うと驚かれるかな…

でもないか・・・・

kuboya

日本のものづくりを支える一員

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください