割れ

DSCN0743

前回からのつづき

トランジスタ買って帰った翌日月曜日。機械動かせないので修理に取り掛かった

先週と違って寒い。電源入れて暫く監視した。でも、現象出ない_| ̄|○

しょうがないので温めて見る事に。ヘアードライヤーで注意しながら温めてみた。カチカチカチ!

おおぉぉ、出た出た!

少し温めただけで現象出るとは、分かりやすい\(^o^)/

全体温めたので不具合は分かったが、どの部分か分からないので再度冷やしてから部分的に温める事にした

段ボール切って仕切りを付け注意しながら温める。

リレー近くのトランジスタを中心に・・・

 

カチカチカチッ!

ああぁ・・やっぱりここかぁ・・・

 

段ボールあてて見ていたところ、なんだか変!

カチカチ言う事もあれば正常な時もある????? なんだか変だぞ!

リレーの箱を横方向に力入れてみた。現象でることもあれば、出ないこともある ???

??

トランジスタが原因ではないのかぁ??

 

ははぁ~~ん。  なんとなくわかった!

 

とりあえず、もう一度ボード外す事に・・・

 

結線外し、ボリューム、ランプから来ている結線も全て外しボードのみの状態にしてプリント基板見てみた

ひっくり返し虫眼鏡で半田付け全個所チェックする

 

あった!

 

割れ!  半田付けしている部分円弧状に割れている。

トランジスター部でもなく、リレーのところでもなかった。

温度調整用のボリュームから来ている結線のコネクター。ストレートピンの付け根!

20ピンくらいあるのだろうか、右端と左端。とくに片側

端から3本クラック入って、2本は見た処はっきり分かる。

原因はこれだった! おそらくこのオイルクーラーを製造する時にコネクターを力まかせに結合した時にピンの半田付けにひびが入ったのではないかと思う。長年の振動や温度による伸び縮みで次第にクラックが大きくなり導通が悪くなったと推測

初めにヘアードライアーで温めた時、どこにも力を掛けずに現象が出たことからしても微妙な導通だったに違いない

 

半田ゴテで付け直した。両側

日本橋で買ってきたトランジスタ、無駄になった_| ̄|○

 

組立て、チェック。  治った!\(^o^)/

 

こんな事もあるのねぇ・・・_| ̄|○ でも、短時間で直ってよかった!

 

DSCN0774

 
image
まぁ、子供と通天閣登ったから良しとするか・・・・

 

追記:検索エンジンで「関東精機 アラーム」でここにやってくる方が非常に多い、当サイトに来られる方でこの事案いつも上位を占めています。関東精機を使われている方が多いという事か、またはよく故障するという事か?よくわかりませんが・・・うちの故障は記事の通りです。ご参考にどうぞ。コメントも下記よりいただけたらうれしいです

kuboya

日本のものづくりを支える一員

割れ」への2件のフィードバック

  1. おめでとうございます。パチパチ!

    治ったときの充実感。いいですよねえ。

    先日、Fさんの7Mがアラーム状態になりチェックしていたら
    メイン基盤の一箇所にはんだ割れ発見!

    修理後電源再投入するも、症状変わらず。う~ん。関係なかったか。

  2. ZENKYUさん、こんばんは

    ありがとうございます。気持ちちよく直りました。\(^o^)/

    7Mの割れ修理で治らなかったのですか・・・残念

    割れとか半田の浮きは結構あるように思います。特にコネクターの所は力が架かるせいか割れることが多いい様な気がします

    以前プリンターが文字化け打ちまくりで調べてみたら、今回と同じような割れでした。浮きも見た目はほぼ正常なので厄介です。

    機械は振動が有るので、割れていても正常だったり不具合だったりで発見が難しいですね。

    Fさんに頼むと、ボード交換で取り敢えずはなおるでしょうけど・・・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください