バージョン

Dscn2910

アップしろと度重なるフリーダイヤル攻撃(とらないけど)とメール攻撃

消費税を上げてくださるので、ソフト屋さんにとってはいいビジネスチャンスなのだろうけど・・・

うちは勿論会計処理ソフトを使っている。決算まで処理出来なくもないが、餅屋は餅屋。

ここの会計ソフトを使っているのは、お世話になっている会計事務所がここのソフトを使っているからなのであります。

一番最初に会計事務所さんが使っているソフトを調べ、ウェブサイトでスタンドアローンの会計ソフトの試用版でデーター作って、会計事務所ので読み込んだら問題なく読み込めたので買う事にしたのです。当時、2万弱だったような・・

日常の入力はこちらで済ませ、ややこしい物は資料を渡し入力していただいている。なので、データー入力の為だけにソフトを買ったので
今までも、小さなバージョンアップは何回かあったのだけれども、決算処理までする事もないのでそのまま使っていたのです

バージョンアップすると実情、市場価格を上回り新しいのを買った方が安いという、なんとも??な事になっていたのでアップしませんでした。

今回はさすがに税率という事になると、新しいのを買わなければまずい事になるのかなぁ…

新しいの買うにしても、勿論、市場の安い同じソフトになる事でしょう。ユーザー番号は変わるでしょうけど_| ̄|○

調べてみたら2万円ちょっと。

この会社でバージョンアップしてもらうと45,150円(@_@;)

勿論この価格はサポート込みという事なのでしょうが、うちの場合は単なる入力ツールなので・・・必要なし

来年なってから考えよう

kuboya

日本のものづくりを支える一員

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください