ダイヤモンド

綺麗にお掃除! お掃除は楽しい! _| ̄|○

アルミの加工は久しぶり、2か月ぶりか…

ほとんど鋳物加工なのだが時々アルミ。これが正直、嫌。仕事なので何でもやるけどね…

アルミならずっとアルミやりたい。 嫌なのは、お掃除。 鋳物の掃除は結構大変。大きなキリコがないので楽なように

思えるが、砂粒のように細かいので舐めた様に綺麗にしなくてはならない。再び鋳物加工するときも同じ、細かいアルミのキリコは油掛けると流れてくれるのでアルミの方がまだ楽だけど。

幸いなのが刃物が鋳物系とアルミの刃物が共通な事だ。ほぼそのまま使える。

でも、鋳物削った刃でアルミやると白くささくれる _| ̄|○  仕方なくダイヤモンドツール引っ張り出す

 

やっぱり、アルミにはダイヤモンドツールだな! これ一番!

 

ツール交換中 2.5ミリくらいのドリルを引っ掛ける  腕切れる _| ̄|○   ドリル勿論折れる  _| ̄|○

腕の痛みよりほとんど使っていない超硬の新しいドリル折った方が痛い ( ノД`)シクシク…

こういうつまらない事案最近多し、年のせいか _| ̄|○  いや、前からか・・・ _| ̄|○

 

ツール段取り中とんでもなく錆びたホルダー発見!  しばらく使ってないやつ。ドア付きツールケースではなくワゴンに突き刺したままのやつ。 今年は雨が多かったからか・・・ 前に脱脂して綺麗にしたのが災いか。_| ̄|○

これ1本だけ! 他は油焼けしているので錆びているのは発見されず・・・

 

このまま放置するのもなぁ~      黒染めするかっ!

 

という事で磨く

400番くらいだろうか細かすぎて綺麗にならん、もっと粗いのでも良かったか… まぁええ。あとはサンポールの出番!

除錆剤使っても良かったが、引っ張り出すのも面倒なので、トイレのサンポール使う。でも独特のニオイ _| ̄|○

除錆剤使った方が良かったか、まぁええ

ゴシゴシ これまた適当な綿棒使い、適当にこする

綺麗に拭き取った後黒染め。金属表面出すと酸化は驚くほど速い。見る見る間にまた赤く錆びる

手早くブラッキーを1cc取り出し適当に塗りたくる

原液を適当に塗ったのでそれなりの仕上がり。これ数倍に薄めて使うのだと後から気が付く、だからか、写真で見ると若干ムラ、肉眼分からん程度、まぁええ。最後に防錆の為油薄く塗る



さびさびより良いだろう。見た目ほぼ同じ

終わってからこれが出てきたが… 塗料に近いので今回はこの処理で正解 おしまい

 

kuboya

日本のものづくりを支える一員

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください