ふらっと


最近続々とフラットドリルが各メーカーより出て来て面白い

以前からあるにはあったが品揃えが少なかったが
、今はどこのメーカーも出している

結構フラットな面を作りたい場合は多いのでないか。いや、殆どだろう…

今まではフラットなスロッティングエンドミルを使うか、ドリルもしくはエンドミルの先刃を再研磨して余分な手間と費用が掛かっていたが、今売られているフラットドリルなら費用も時間も抑えられる。有り難い事である。何故もっと早く出さなかったのだ….

フラットドリルはどれも超硬を使っている為、やはり
以前から超硬主体のメーカーが品揃えも価格も共に軍配があるような感じだ。もともとハイスメーカーはちょっと高めか….

こうして大手メーカーがフラットドリルを揃えると他メーカーはその隙間を埋めるような商品を出してくる(出さざる得なくなる)ので更に面白い事となる

加工屋にとってみれば直ぐに間に合う工具は有り難い。

OSG
三菱
不二越
ダイジェット
住友電工

kuboya

日本のものづくりを支える一員

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください