じまん

2019年11月6日 PM4:00

私は自らの事を誇らしげに何かを語ろうと言うのではない、と言うか、自慢出来るものなんぞ何一つも持ちあわせてはいない

_| ̄|○

なので、自慢出来るものを1つ買ってみた。と言うのはウソで…今日のお買い物じまん

 

仕方なく買ってみた、いや、買わざるを得なかった

今日のお買い物は、PCA経理じまんDXだ!

 

 

知っている人は知っている。経理じまんDXはPCAの会計ソフトである

会計ソフトを買うのは今回初めてではない。現在の会計事務所にお世話になって以来ずっとPCAの会計ソフトを使っているから四半世紀は同じ経理じまんを使っている…

今回は消費税が8%から10%となったので仕方なく新しいパッケージを買った
経理じまんをずっと使っているが消費税上がる度にに新しいパッケージを買っている
なのでライセンスは3つ目。もちろん古いバージョンはサポート打ち切られている

新しいパッケージを買わなくてもバージョンアップと言う事も可能だが…でも
保守会員にならないと今回の様な大きなアップデートは受けられない
つまりアップデートするにはアップデート費+保守契約が必要、年会費も必要だったかな?
合計すると新パッケージを買った方が安い^^;

_| ̄|○

通常このソフトで会計処理を完結するなら保守会員になってもメリットはあるが、そうも行かないのが会計である

なので最終的には会計事務所にお任せしている。うちがお世話になっている会計事務所がPCAのシステムを使っているのでデータ互換のあるソフトをずっと使っていると言うのが本当の所である
日々のデータ打ち込みは自社で行い、難しい処理、判断が難しい時は会計事務所の方でやって最終的に決算処理も行っていただいている。つまりデータ打ち込みのツールに過ぎない

 

なので、保守契約は必要ない。

前回バージョンアップ検討したが値段でパス、今回も同じ

前回も新パッケージを購入、今回も新パッケージ

だってこの方が安いんだもの!

 

極端な話、ソフト買わないで試用版でデータ作れなくもない。
一番始めに会計事務所のPCAソフトと経理じまんのデータが互換あるか、(同じ会社で会計処理ソフトなので)読み込めるか試用版でチェックして問題ないのを確認した事がある。会計事務所用のソフトも一般用のソフトも基本は同じって事。多分会計事務所用はデータが壊れにくい、もしくは復帰し易い様に作られているだけだろうと想像しての事だ

僅かなことを節約するのもなんだけどねぇ、都度試用版で済ますのも煩わしいのでツールと割り切ってソフトを購入している

今ならクラウドのシステムもあって、会計事務所と同じソフト使えるらしいが…やっぱり費用の問題でしばらくはこの方法が一番かなっ

まぁこの方法を取って節約しているというのが今回のじまん話だねぇ..    チーン!

 

今回はディスク2枚

eDOCXという文書管理ソフトがおまけ?でついている。インストールしなくてもいいらしい…

おまけ好きな私には嬉しい。なにが入っとるんじゃい?

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Previous Post
«
Next Post
»