DSCN0497

修理完了\(^o^)/

やはり主軸モーターの異常だった。手で回すと重たくゴトゴトする。

新しいモーター、当り前だがスムースに回る。

どうやらモーターのベアリングが逝ったみたい。

 

原因は冷却用通風孔が鋳物の粉と油で粘土の様にこびりつき、ほとんど塞いでいた為に温度上昇。ベアリングが逝ってしまったものと思われる。ファンは回っていたが送風していなかったという事か _| ̄|○

モーター外した状態で主軸回すと非常にスムース。機械側は問題なかったようだ。

 

修理直前の音が酷かっただけに、修理後はもともとこんなに静かだったのかと感心。\(^o^)/

テストカットもバッチリ!

 

また冶具戻さなければならないが暫くは奥の機械で加工してみよう・・・

 

加工が10日分遅れている_| ̄|○ 連休は休みたい・・・ がんばろぅ

 

DSCN0488

kuboya

日本のものづくりを支える一員

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください