chigaya

茅、チガヤ(イネ科の雑草)

通勤の途中、中央分離帯の植え込みとそのブロックの隙間から、このチガヤが伸びている場所がある。

池田泉州銀行住吉御影支店前の中央分離帯 のところであるが、4,5mだろうか、ブロックの横を一列に並んで白い穂がゆれている。

いや、ゆれていた。

残念ながら今日の雨で白い穂が酷い事になっていた。 _| ̄|○

 

はじめは誰かが植えたのかと思っていたが、そうでもなさそう。周りを見ても生えているのはそこだけなので、

おそらく植え込みの土と一緒に来たのだろう。もう数年するとあそこの分離帯はこの時期には白い穂で埋め尽くされるのではないかと想像する。都会の中で生きている為だろうか、ブロックわきからド根性で生えているからか、少し背が低いが茅に違いない。

 

中央には洋風のわけのわからん花の種が播かれ。時期が来ると咲き誇っているが・・・癒されない

 

白い穂が輝き、ゆらゆらとゆれている姿は癒される。あそこを通ってそう思うのは私だけではなかろうと思うのだが・・・

 

 

1週間前から写真を撮ってやろうと助手席にカメラを置いていたのだが、その先の信号渋滞で止まる事もなく、とうとうチャンスを逃してしまった

残念・・・  綺麗な穂はもう無理だろう・・・ _| ̄|○

 

 

会社周辺はまだ咲いていない。西区は6月頃が見頃だと思う。

こちらも、取引先に納品に向かう途中、中央分離帯や土手などあちこちで見る事が出来る。

ゆらゆらと・・  気持ちよさげに

 

こちらでは、そこらじゅうで見かけるので写真を撮ろうとも思わない。あぁ、やっぱり雑草だ・・・

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください