特別限定

Dscn2899
こちらは限定でも特別が付く

だいぶ前に案内が送られてきていた。この時期になると毎年送って来る。
10月末までの先着販売なので、今、菊正宗ネットショップ見たら既にどちらも売り切れていた

治郎右衛門に至っては300本限定なので(実際はどうなのかな・・でも、連番墨書きしていたような憶えが・・・、送られてきたリーフレットでは限定300本となっているが、ウェブ見ると500の文字が・・・。リーフレット用には別枠で本数取っているのかな・・・)
ネットで何本売るのかは知らないが、ネットショップでは、公開即日売り切れだったに違いない、

父親は毎年、嘉宝の方を6本入りの箱で何箱も持って来させていたが、治郎衛門はさすがに1,2本だった。

嘉宝の限定5000本は1本1万だから5000万円 9000リットル
治郎右衛門は300本なので900万円の540リットルか・・・・

治郎右衛門の方が最小単位なのだろうか・・・  ひと樽?   ふむふむ

実際はどうやって作るのだろう・・・

昔ながらのやり方で丁寧に作るとこんな値段になるのだろうなぁ・・

kuboya

日本のものづくりを支える一員

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください