救急車

IMG_20130806_104501

ピーポー、ピーポー!

向いのゴルフ場でゴルファーが熱中症で倒れたのかと思っていたら

団地内に救急車が入って来た!

 

隊員、Yさんのところに入って行った。

救急への通報者のKさんに事情を聞いてみた。

どうやら親指を飛ばされたらしい。(@_@;)

 

すぐに警察もやって来た。お巡りさん、刑事さん、鑑識も・・・

物々しい・・

 

本人は搬送されていないので警察の方が現場を見たいと言うので立ち会ってくれと(;一_一)

私の住所、氏名、生年月日まで聞かれた _| ̄|○

団地組合長がお出かけ不在なので、知っている情報をすべて話す

 

 

 

警察の方と共に現場見た。 出血はあまりされていないようだ

タオルに少し血液が付いていただけ。

床に血痕が2滴ほど

 

どうやらタッピング作業中に巻かれた様だ

小さな卓上ボール盤、カトーの逆転タッパーが付いていた。ここにもほんの少し血液が・・・。

軍手を付けていた? まさか、Yさんはベテランだ

こんな小さなボール盤でそんな事になるのかと思うくらい小さいが、生身の身体、指を飛ばすくらいわけはない_| ̄|○

 

Kさんの話によると左親指第一関節あたり 骨と一緒に切断していて救急隊員が軍手と一緒に持って行ったらしい

綺麗に切れていたそうな

 

Yさん、もうお歳で年内には辞めるという話だったのに。最後にこんな事になるなんて・・ _| ̄|○

ベテラン中のベテランなのに・・・   _| ̄|○

 

 

注意一秒、怪我一生。  気を付けよう・・・

これを見ている現場作業されている方、気をつけましょうね!

 

 

kuboya

日本のものづくりを支える一員

救急車」への2件のフィードバック

  1. はい!

    十分注意します
    隠居後にカメラをいじれないって悲しいですからw

    で、Yさんの指は繋がったんでしょうか?
    繋いでもらえた事をお祈りします

    ご安全に!

  2. 受け入れてもらえる病院がなかなか見当たらず、1時間半後にようやく中央市民病院(ポートアイランド)に搬送されました。結果的には神戸で一番いい病院だったかもしれません。
    4時頃から手術に入った模様ですが、Kさんは綺麗に切れていたと言っていましたが、医師に言わせるとギザギザなのでどうなるか??微妙だったようです。
    付けたのか、そのまま縫合になったのかは今日の段階ではわかりませんが、いい形になればと祈るしかありません。

    やはり軍手を着用していた様です。M10のタッピング作業をしていて、伸びたキリコが左手に引っ掛かりそのまま巻き込まれたようです。
    すぐに傷口を抑え2件隣の組合長のHさんの所に駆け込んだらしいけど、不在だったので、反対側の2軒隣のKさんの所に駆け込み119番してもらったらしい。

    通報者が2軒となりだったからなのか、救急隊員が不審に思ったのか?よく分かりませんが警察が来ました。巡査2名と刑事2名と鑑識?1名による現場検証でした。

    警察の人も機械の事はサッパリ分かっていないので、機械の名称からいちいち説明して、作業方法、巻き込まれた理由(想像ですが)を説明させて貰いました。
    写真もアップから遠目からかなり写してお帰りに成りました。
    お陰で午前中は仕事にならなかった_| ̄|○ しゃーない

    ボール盤で手袋は厳禁ですねぇ。判り切ったことですが、心の緩みがあったのかなぁ・・・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください