増設

2019年11月14日 AM10:00

東芝ダイナブックのメモリーはサムスンとキングストンが使われていた。余った2Gのメモリーは2G1枚しか刺さっていないノートに刺してやるかな…

まもなくWin7のサポート終了となるので2台新調したため、2コア2スレッドの古いパソコンが1台余ってしまった。しかも試しにWindows10にバージョンを上げているやつだ。

8年前の廉価版モデルなので、最新のPCと比べるとポンコツレベルではあるがSSDも付けているのでまだまだ使えなくもない。
捨てるにはもったいないので、これに先日買った会計ソフトをぶち込み会計専用マシンとして使う事にしたが、少しでも快適にならないかと考え、安直なメインメモリ増設という手法をとる事にした。

寄せ集めの2G 2枚刺さっていたが、カタログスペック最大の4Gの2枚刺しにしてやろう。

Amazonで調べると古いタイプのメモリーって安い。2枚セットが税込でも僅か3600円程だ、勿論新品。当時なら1枚1万は超えていたのではないかな??

最安ならもう300円程安い3300円だが、聞いたことのないメーカー名だったのでパス。今付いているメモリと同じサムスンは2枚3900円で安心だが、今はノーノージャパン、ボイコットジャパンに対抗して韓国ボイコットだっ!サムスンもパスだ、ボイコット決定!

ボイコットと言うのはまったくの冗談だが、松竹梅なら無難な真ん中を選ぶのが常識だろう。真ん中はシリコンパワーという台湾メーカーのやつ、3600円だ。

メモリーって相性があるとかいう話があるが・・Amazonの商品レビューでも1割くらいの人が使えなかったとある、やはり相性ってあるのかな?? ちと心配。だが、失敗しても3600円

少し心配はしていたが東芝のパソコン何台かに刺してみたが、いずれも認識してまったく問題なし、要らぬ心配だった

8G認識しているが、使用可能2.68Gと表示されている。あれれ、4Gの時と同じじゃん???

 

あっ! (>_<)   32ビット!   _| ̄|○

32ビットは4Gリミット(Amazonポチした直後に気が付いたのはヒミツ)
Win10にアップデートしているが32ビットのままでアップしていた。_| ̄|○

64ビットにインストールし直すか・・  _| ̄|○

しゃあない。1からやり直し
会計専用機として、Win10、64ビット版クリーンインストール。これで8G使えるだろう

 



USBメモリーもシリコンパワー製を使用。今までハズレを引いたことが無い。

いくらでも待つよ

ハイハイ分かりました

Windowsのインストール、1からやったことなぞ無い
ディスクも全てフォーマット(必要なドライバーも全て消してしまったというのもナイショです)

廉価版ノートなので、昔のノートに有りがちな固有のソフトボタンなども付いていないので標準ドライバーで難なくインストール終了

あとはoffice365と会計ソフトぶち込むだけ

Windows標準のくだらないソフト類全て消す。タスクマネージャー、スタートアップ見ながらカメラもマイクもストアもニュースもマップもゲームも通知も可能な限り消した。PC状態の報告も、プライベート情報もすべて遮断。edge

滅茶苦茶軽くなった。ポンコツでも何も入っていないと結構早くうごくんだねぇ。起動も最新マシンよりも早いのではないかと思うくらい早い。実際早い。もちろんもっさりしている部分もあるけどねぇ…
あらゆる物を消したので8Gに増設しなくても4Gのままでも充分良かったのかも説あり。まぁええ

専用機は早い!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Previous Post
«
Next Post
»