交換

接着剤で付けてもやっぱり気休め、口開かないように結束バンドで締めるも悪あがき

早い事交換しよう

パイブを緩めるのは力仕事

切り離し、新しいのと交換

交換作業は1年前にやったのと同じ作業、今回は写真撮りながら、掃除しながら40分ほどで交換完了

あとは機械使いながら流量調整

やれやれ。まずは気になる所は解決 (*^^)v

 

kuboya

日本のものづくりを支える一員

交換」への4件のフィードバック

  1. エア入り口のフィルターやミストセパレーターの、下のボウルがよくひび割れるんですけど
    今回交換のルブリケータは外側の保護カバーも透明樹脂になったって事ですか?

    1. tohooさん。こんばんは
      下のケース部の割れとかエア漏れは経験ないですが、エアーフィルターのオートドレン部の動作不良でのエア漏れは経験多いです。何個交換したことか・・・_| ̄|○
      あとこのルブリケータのオイル供給蓋のねじ割れとか、今回の確認窓のネジ部樹脂割れによるエア漏れは多いです
      樹脂はやっぱりダメですね、朽ちるは避けられない_| ̄|○

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください