キー

Dscn3250

マシニング、パレットチェンジする時、力が反転する時少ししゃくるので調べてみた

どうもスプロケットのキーがヘタってしまったかの様な動き

 

カバー開けてみた

パレット搬送用のスプロケットのキーが折れている _| ̄|○

あぁ、やっぱり。ここか・・・

軸の中心に近い分、少しのガタが大きく影響する

 

 

 

Dscn3254

大きな材料からキー作らないといけないかなと思っていたら、引き出しからちょうどの寸法のキー材出てきた

\(^o^)/

5mm角 片方マイナス、もう片方0.02+

おおぉぉ。ちょうどいいじゃないか♪

幸い発見が早かったのでキー溝はほとんど傷んでいない。気が付くのが遅かったらキー溝までやられて軸ごと新調しなければならない所だった

+側を使うように切断、R付けで出来あがり。組立て。しっくりしているので気持ちが良い♪

 

 

Dscn3255Dscn3257

チェーンを壁に貼り付けラックギアの様な使い方をしている。なるほど、安上がりな構造だ・・・

元々の組立が悪いのか、まだ少しガタがある。たぶん僅かなガタの疲労がキー材に来たのだと思う。

スプロケットもチェーンも摩耗した感じではない。元々の組付けの悪さだろう。

このままでも当分持つだろうけど・・・シムかませてガタを取ってやらねば・・・

また、時間の空いた時にでも考えよう・・・

 

kuboya

日本のものづくりを支える一員

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください