WM210V 卓上旋盤

2018年6月5日 AM8:26

5月14日の表題間違っていたので修正再掲載

↓ 再生時は音量注意!して下さい

遠目美人というやつだろうか。汎用機をそのままスケールダウンしたように見える、比較するものがなければ実機かと勘違いしそうだ。

ベッドは焼入れ後研磨と謳っているが….
うちの硬度計でいくらあるか測ってやろうか?
研磨目も荒い。これもRa幾らか測ってやってもいいが…
物は考え用、油溜まりと思えばいいだろう(爆)

刃物台も研磨なのか機械削りなのか?どうやってこうなったのかと思う加工レベル

チャックハンドル回してみたが・・・ザラザラ感ガサガサ感あり 材料の悪さかか、加工精度か…

値段が値段なので期待する方が無理か….外観はとっても良いのだがねぇ。安価なホビー用と割り切りましょうね

↑の動画は負荷掛けていないのでそれなりの音だが、送りレバー掛けてハーフナット閉めるとたちまちコトコト言い出す。
まだ試し削りを行ったわけではないが、更に主軸に負荷を掛けると賑やかになるのは見えている。期待してはいけないだろう。ボリュームいっぱい上げても1250rpm回らなかったし〜

主軸MT3。テストバー有ればなぁ….

時間が出来れば整備してやれるのだけれど…取り敢えずはこのまま使って様子みて見るかな

歳とってやる事なくなったら全部バラしてきさげでも施して調整してやるかな….荒加工終わった素材と考えたら良いんだ。将来の楽しみが増えたわい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Previous Post
«
Next Post
»